middleman 3.2系から3.3系へupgrade時、wrap_layoutに気をつける

  • 2014年9月 6日 23:25
  • ruby

ALOHA FISHMANSのサイトで使ってるmiddlemanのバージョンは、長らく3.2.0を使っていたのですが、いい加減そろそろ最新のバージョンにあげておくか。。と思ったところ、結構ハマったのでメモ。

空白のページがrenderされる

バージョンの変更はGemfileを書き換えてbundle updateすると、基本的にはOK。Gemfileのdiff的にはこんなかんじ。

 gem "redcarpet", '~> 3.1.1'
-gem "middleman", "~> 3.2.0"
+gem "middleman", "~> 3.3.5"
 gem "middleman-blog", '~> 3.5.2'
 gem "middleman-minify-html", '~> 3.1.1'
 gem "middleman-deploy", '~> 0.2.3'

renderされるページの内容を確認していたところ、基本的に問題ないように見えつつ、blogページだけ何も出力されません。(bodyがカラ)

何か仕様が変わったんだろうと思いつつ、ChangeLog見てもよくわからないな。。。と途方に暮れて検索検索。

wrap_layout

の、ところ気になるIssueを発見。

見事これでした。テンプレートエンジンにhaml/slim を使っていて、wrap_layoutでレイアウトを上書きしているとき、

- wrap_layout :layout do
  ...

= wrap_layout :layout do
  ...

にしないとダメな模様。これで手元でも正常にbodyが出力されるようになりました。

で、よくよくChangeLog見直すと

Update Padrino to 0.12.1. Introduces BREAKING CHANGE for Haml. Helpers which take blocks used to require - instead of = to work correctly. Now, all helpers which output content should use =.

って、書いてるのが該当する話の模様。(気づかねぇ。。。)

関連広告

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://blog.katsuma.tv/mt-tb.cgi/272
Listed below are links to weblogs that reference
middleman 3.2系から3.3系へupgrade時、wrap_layoutに気をつける from blog.katsuma.tv

Home > ruby > middleman 3.2系から3.3系へupgrade時、wrap_layoutに気をつける

Search
Feeds

Return to page top