Google Codeで管理していたコードをgithubへ移行する

最近は仕事でgitを使うケースがSubversionと比べて圧倒的に多いので、個人的にGoogle Codeでホスティングしていたコードもgithubに移すことにしました。

git-svn

移行作業にはgit-svnが必要になります。MacOSXでgit-svnを使うには、git-coreをmacportsで入れるときに、+svnのvariantsをつけてインストールしてあげるとOK。ぼくはすでにgit-coreをインストールしていたので、次のようにしてインストールしなおしました。

sudo port deactivate git-core
sudo port install git-core +svn

作業用ディレクトリの作成

作業用の適当なディレクトリを作ります。

mkdir ~/Desktop/git
cd ~/Desktop/git

authors.txtの作成

次のような内容のauthors.txtを作成。(no author)はGoogle Codeの初期設定で、名無しさんがtrunk, branches, tagsを作成しているようなので、この2行が必要になります。左辺はGoogleアカウント名、右辺はgithubに登録した名前とメールアドレスです。

ryo katsuma = ryo katsuma <katsuma@gmail.com>
(no author) = ryo katsuma <katsuma@gmail.com>

移行用レポジトリを作成

githubで移行用のレポジトリを作成します。作成はここから。

移行

ここまでくるとあとは簡単。

git svn clone -s -A ./authors.txt http://svn_repo.googlecode.com/svn repo
cd repo/
git remote add origin git@github.com:katsuma/new_repo.git
git push origin master

まとめ

Google Codeからgithubの移行は、実作業はauthors.txtを用意するくらいで、全体としてそんなに複雑なものではなかったと思います。 ちなみに今回の作業を通してTokyo-Joggingのコードを全部githubに移しました。 コード管理はもちろん、サイト全体の操作性なんかもGoogle Codeと比べてgithubの方が優れていると思うので、移行して正解だったかなーと感じています。

関連広告

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://blog.katsuma.tv/mt-tb.cgi/225
Listed below are links to weblogs that reference
Google Codeで管理していたコードをgithubへ移行する from blog.katsuma.tv

Home > develop > Google Codeで管理していたコードをgithubへ移行する

Search
Feeds

Return to page top