Google ChromeのJavaScriptエンジンV8の性能評価

唐突にリリースされたGoogleブラウザことGoogle Chromeですが、HTMLのレンダリングエンジンこそWebKitながらも、JavaScriptエンジンは自社で作ったもののようです。これはV8という名前のものでオープンソースプロジェクトとしてGoogle Codeにホスティングされています。

そんなV8ですが、ベンチマークを測定できるページが用意されています。

V8 Benchmark Suite - version 1

ざっくり言うとスコアが高ければ高いほうがエンジンとしては性能がよさそう。内容としては

  • OS kernel simulation benchmark(Richards)
  • One-way constraint solver(DeltaBlue)
  • Encryption and decryption benchmark(Crypto)
  • Ray tracer benchmark(RayTrace)
  • Classic Scheme benchmarks(EarleyBoyer)

とのこと。実際のコードは見てないけどとりあえずいろんなブラウザで試してみたらこんな結果でした。おおむね最新ブラウザのみでの計測。IEだけbeta版なのはスミマセン。

Google Chrome

Score: 986

  • Richards: 1270
  • DeltaBlue: 1239
  • Crypto: 766
  • RayTrace: 673
  • EarleyBoyer: 1151

Firefox3.0

Score: 124

  • Richards: 121
  • DeltaBlue: 150
  • Crypto: 70
  • RayTrace: 144
  • EarleyBoyer: 163

Safari3.1.2

Score: 109

  • Richards: 69
  • DeltaBlue: 95
  • Crypto: 86
  • RayTrace: 133
  • EarleyBoyer: 210

Opera9.5

Score: 142

  • Richards: 86
  • DeltaBlue: 108
  • Crypto: 72
  • RayTrace: 218
  • EarleyBoyer: 391

IE8 beta2

Score: 35

  • Richards: 27
  • DeltaBlue: 29
  • Crypto: 21
  • RayTrace: 42
  • EarleyBoyer: 76

と、いうわけでスコアだけ見るとGoogle Chrome(V8)の圧勝すぎで、ちょっと逆に怪しく思っちゃうくらいです。 Fx3, Safari3, Opera9.5あたりの比較はこんなかんじ?思ったよりOpera速いな、という印象もあります。あと、IEに至っては、ベンチとってる最中に「すごく遅くなっちゃうのでスクリプトの実行を停止しますか?」的な(いつもの)ダイアログまで出る始末。IE8がんばれ、もっとがんばれ。

結論

細かな検証はamachangさんやJohnResigさんあたりが行ってくださる?とも思いますが、「V8すげー速いっぽいぞ!」というくらいの感じは持っていてもいいかもしれません。ただGmailやMapsを見ても体感的に劇的に速くなったとも思えないのも実情です。取り急ぎざっくりしたレポートはこんなかんじ。

関連広告

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://blog.katsuma.tv/mt-tb.cgi/167
Listed below are links to weblogs that reference
Google ChromeのJavaScriptエンジンV8の性能評価 from blog.katsuma.tv

Home > Javascript > Google ChromeのJavaScriptエンジンV8の性能評価

Search
Feeds

Return to page top