SpiderMonkeyのインストール

完全に自分専用の備忘録です。

ちょこっとしたコードやベンチマークとるとき、今までFirebug使ってたんですけども、ファイルにまとまったくらいの規模、100〜200行規模のものだとFirebugだと少し扱い辛いです。で、そんなときにSpiderMonkey。最近よく使ってます。

インストール方法

ソースコードを入手>解凍>makeくらいで簡単。以下はOSXでの方法。Linuxでもほぼ同じです。

wget ftp://ftp.mozilla.org/pub/js/js-1.7.0.tar.gz
tar xvzf js-1.7.0.tar.gz
cd js/src
make -f Makefile.ref
cp Darwin_DBG.OBJ/js /usr/bin/

使い方

ターミナル上で「js」とタイプすると、SpiderMonkeyがインタプリタとして起動するのですが、個人的にはファイルを食わせて実行する場合の方が多いです。適当な実行コードを含むファイルを作っておいて

 

js -f hoge.js

 

こんな感じで実行。document.write()は無いので、代わりにprint()で情報を出力することになるのは注意。

関連広告

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://blog.katsuma.tv/mt-tb.cgi/105
Listed below are links to weblogs that reference
SpiderMonkeyのインストール from blog.katsuma.tv

Home > Javascript > SpiderMonkeyのインストール

Search
Feeds

Return to page top