Rimo と DARAO が YouTube からアクセス拒否

  • 2007年2月27日 23:37
  • Web2.0

驚愕の展開。

以下、小野和俊さんのブログより引用。

(※誤解のないよう、最後までご覧ください)

ニコニコ動画が YouTube からアクセス拒否を受けた事件は記憶に新しいが、このたび YouTube は、Rimo と DARAO からのアクセスについても同様に拒否することを発表した。はてなでは今回の発表を受け、既に自社開発によるストレージサービスへの切り替えを検討中だ。 YouTube では、その他の YouTube 動画に対するマッシュアップを行っているサービスについても、見つかり次第アクセス拒否のリストに追加していく方針だという。



YouTube 広報のオマリー氏によれば、今回のアクセス拒否の理由は次のようなものだという。「はっきりさせなければならないのは、マッシュアップなど幻想だということだ。YouTube は多額のコストを払って動画のストレージを維持管理している。我々の資産への無許可でのただ乗り行為が許されるはずがない。さらにニコニコ動画は我々の神聖なランキングをオタクサイトで埋め尽くし、ユーザーを混乱させた。YouTube 動画に対するマッシュアップサービスに対しては、今後訴訟も視野に入れた対応を検討していく。」



さらに YouTube では今後、公開 API を拡張し、クレジットカードによる決済を可能にする仕組みを提供していく方針だという。オマリー氏は次のように指摘している。「日本の携帯電話は課金についての一つの成功例だといえる。Web における課金の仕組みは未だに整備されておらず、まだ十分に改善の余地がある。我々が取り組んでいる有料 API のインフラは、YouTube へのアクセスだけでなく、Web での課金のプラットフォームとして定着する可能性を秘めている。」




「YouTubeもついに、クるときまできたか・・・!!」
と、思ってよく読むとこんな一文が。



(注) このエントリは BogusNews(ボーガス・ニュース) にインスパイヤされて作成された、妄想を記事風にまとめた虚偽の記事です。くれぐれも真剣に受け取らないようにお願いします。



ほんと完全に途中まで信じきっちゃってましたよ(笑
ソッコーでrimo.tvにアクセスして「あれ?まだ大丈夫じゃん」と思ったし、有料APIの検討を真剣に頭の片隅で考えようとしてたし。



でも、あながちありうる話だからこそ、さらーっと笑い飛ばせる話でも無いんでしょうに。
「マッシュアップ」も綺麗な言葉でまとめられてるものの、悪く言えばこれこそ「タダ乗り」なわけですし、
あまりにおいたをするサイトに関しては、いつ制裁がおきてもそれは文句は言えないはず。


・・・とは言え、今回のニコニコ動画の件に対するYouTubeの行動は、WebAPIの歴史における1つの大きなポイントであるとも言えるのかな、とも思います。「やりすぎマッシュアップ」に本家が怒っちゃった事例ってこれが初めてなんでしょか?

関連広告

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://blog.katsuma.tv/mt-tb.cgi/32
Listed below are links to weblogs that reference
Rimo と DARAO が YouTube からアクセス拒否 from blog.katsuma.tv

Home > Web2.0 > Rimo と DARAO が YouTube からアクセス拒否

Search
Feeds

Return to page top